2017年3月25日土曜日

春の野にスペアリブを煮る。


ある春の一日。近所に住むスズキサトル師匠から「明日、畑を耕すから来るように」という連絡が入った。これは行かねば。

ひるめしの添え物に、と思案を巡らせて、ミニトランギアの鍋で肉の煮込み料理を作ろうと決めた。




肉売り場を覗くと、良い国産スペアリブが手に入った。




塩胡椒を振る。ニンニクは青森産。月桂樹の葉も加える。




セロリがあればすり下ろして加えたかったが、ない。でもこれで良い。これに日本酒をまぶしておく。




スペアリブの半分は、その晩に醤油味に整えられて我が家の大豆小豆の胃袋に収まった。





鶏も仕込もう。手羽元は軽く塩胡椒を振って、すり下ろしたニンニク、月桂樹の葉で下拵え。




手羽元に山の酒『大雪渓』をたっぷりと振りかける。これを密閉して冷蔵庫でひと晩寝かせる。



翌日。食材とナベをバックパックに詰めて、家を出る。目指すブッシュは、のんびり歩いても家から20分とかからない。


スズキサトル画伯の「ブッシュ」。チェアでくつろぐのは地主のMr.K。











ミニトランギアの鍋に食材を放り込む。スペアリブにはカレー粉を大さじ一杯、八分目までの水を加えた。若鶏の手羽元には、コンソメひとつ、カットトマトを加える。




ミニトランギアの鍋は、アルミホイルで二重にくるむ。ふたが開いて煮汁を逃がさないため、もうひとつはじっくり火を入れてじわじわ煮込むためだ。火力のない熾き火の上を選んでことこと煮込む。




スズキサトル師匠、おそろしく焚き火の上手い男である。これほど焚き火の扱いに長じた男は見た事が無い。もしかしたらネイティブ・アメリカンの人々には、このような男も居るのだろうが。着火にはマッチもライターも、着火材も用いていない。薪は、周りに生えている生木を伐ってそのまま使用している。炎は立ち消えることも暴れることもなく、静かにはぜている。以前に、火打石と乾いた茸で瞬時に火を起こしてみせたことがあった。もしかしたらトリックか、そう思えるほどの技を持つ。縄文人だなもう。




これは地主Mr.Kプレゼンツのメジナの煮付け。尺近いメジナは磯の香り満点の味わい、この日、日本酒の用意がなかったことが悔やまれる。





焚き火の「熾き」に載せて一時間少しが経過。完成したナベのふたを開けると、「えも言われぬような...」好ましい香りが立ち上る。これ全部、みんなの胃袋に飲み込まれて行った。




うむ。いいものだ。
荒れ地を開墾して焚き火や料理を楽しみながら、畑仕事への備えをする。現地調達できるモノ、コトはその場で知恵を絞る。人生をいろいろと豊かにしてくれる、贅沢な野良仕事である。僕も時折手伝いに出かけてみよう。










2017年3月18日土曜日

雪尾根の珈琲


平成29年三月某日。わたしは常念山脈から派生する山並みの片隅に居た。金松寺山と呼ばれる里山の奥に続く雪尾根で、さらに登り詰めて行くと天狗岩1964.1mに至る。

入山地点への林道には、早朝から春の気配が兆していた。この林道は梓(ミズメザクラ)の森の傍らを通る。わたしはこの森を眺めながら、梓の樹は万葉集で「春」の枕詞である「あずさゆみ」の材料であることを思い出していた。あずさ、あずさゆみ、春。続けて古い歌謡曲の、春まだ浅い信濃路へ旅する、あの歌詞を口ずさんでいた。

だが実際には、帰りに拾って帰ろうと企てていた蕗ぼこ(ふきのとう)がどこにも見当たらず、悪態あるいは呪詛の言葉を吐いていたのかもしれない。


林道のどん詰まりから、沢沿いの急登に入る。この先はずっと雪上、かちこちに凍っている場所が続くのでアイゼンを履く。昨日の新雪の下に、古い複数のトレースがある。なるべく圧雪されたところを選びながら、足を運ぶ。ザクッザクッと気持ちよく爪を刺して、フラットフッティングで丁寧に歩く。檜の植林の中を電光型に高度を稼ぎ、このうっそうとした人工の針葉樹林から抜ける場所も近いと知る。

やがて金松寺山の山頂へと向かう道を左に見送り、湧き水のあるトラバース道を進む。この先にも古いスノーシュー跡があるのだが、雪質は歩きにくい。稜線の北側で日光が届かないから雪は締まらず、踏み抜きに苦労する。それでもようやく、燦々と陽光が降り注ぐ金松寺山と天狗岩間の稜線に辿り着いた。

稜線に出てからも踏み抜きはやまなかった。時折、膝ぐらいまで沈み込む。こりゃあワカンを担いで来るべきだった。そんなことを考えていたら、いつの間にか時は移っていた。わたしが日帰りハイキングの引き返し時刻と定めている、午前11時11分が近づいていたのだ。



1742標高点の手前の小ピークにケツを据える。わたしはジベタリアンなので椅子類は持たない。家にもない。

ここで、この先へのハイクアップを取りやめる。頭上にぶら下がったサルオガセを眺めると、微風と呼べるぐらいに風が流れているだけだ。太陽の光はいっぱい。雪尾根のまぶしさは春の訪れを感じさせてくれる。この場所以上に、このとき以上に珈琲にふさわしい機会はないだろう。

スパイダーストーブをガス缶につなぐ。トランギアのケトルに雪を詰める。ナルゲンから少量の呼び水を注ぐ。イムコのヒットでシュボッっと点火すると、静寂の尾根にスパイダーの轟音が響き渡る。湯が沸く間に遠くの山々を眺め、また天狗岩まで行くことが出来たら、ようやくそこから眺められる山々の様子を思い出していた。


春の入り口。梓川の流れと松本盆地の彼方には八ヶ岳と南アルプス。今日は富士山が見えない。湯が沸く音はストーブの音でかき消されている。しあわせな時間が静かに流れて行く。おや、ケトルの口から蒸気だ。さて珈琲の粉をフィルターに投じよう。


普段わたしは、アルミ缶を切り出した自作ドリッパーを使っているのだが、今回初めてユニフレームのコーヒーバネットを試してみる。




これが困った。

ケトルで湯を湧かしてsnowpeakの600mlマグを使おうと思っていた。ところがである。マグが大きすぎて、ドリッパーの据わりが悪い。三点ある脚のひとつが内側に滑り落ちてしまうのだ。テーブルになるものはスノウスコップだけ。これはスパイダー氏が使っている。雪の上のマットでは安定が得られない。

やむなく、カラビナを三枚、ザックから外して引っ掛けておく。小さいマグにするべきだったな。



アロマがわたしを癒す。微風はわたしを撫でてゆく。春がわたしにただいまと告げる。至福のときを過ごし、そして撤収する。山頂までは至らなかったが、山の神さまにお供えを。マムートのスノウスコップのハンドルがお供えの三方にぴったりだ。大福餅を載せて、御礼申し上げる。




帰路は、金松寺山1625mに寄る。山頂からの下りで、下界の安曇野松本の眺めと北信濃上信越国境方面の山々を眺めることができた。








コーヒーバネットの「脚」に滑り止めを装着しておこう。シリコンチューブがあったはずだ。




これを10ミリぐらいにカットする。




ワイヤーの末端から通していく。




脚の位置までスライドしてくる。




うん。良さそうだね。







2017年2月19日日曜日

湯多里 山の神



谷は南東から北西方向に開けていて、朝の日差しが谷の底まで届いている。僕は谷底の温泉の、斜面の下にしつらえられた露天風呂にいた。まぶたを閉じて放心している。日差しは僕のまぶたの薄い組織を貫いて、眼球を温めている。背もたれにしている自然石は滑らかで、ごつごつと不快な思いをさせたりしない。まぶたを閉じて、何か考えようとして、こんなしあわせな状況下で「何かを考える」ということの難しさを知る。

そうだ。僕の人生における事柄の、これまでの事とこれからの事の大部分については、決着がついてる。未来の事はこれから起きるだろうしこれから決着をつけるのだろうが、方針は定まっているし迷いも悩みもないだろう。

うん。僕は十分にしあわせな訳だから、何かを考える事はやめよう。

考える事を放棄して、背中の自然石の滑らかな感触に陶然としている。考えを放棄しているはずが、館内の自販機の冷えた珈琲牛乳のことを思い浮かべている。一度湯船を出て、よく冷えた珈琲牛乳を、ガラス瓶から紙のキャップを外して、一気に飲もうかゆっくり味わおうか少し逡巡して、結局一気飲みして、それからまた湯船に戻ろうか。結局それも面倒に思えて、珈琲牛乳をお預けにする。

まぶたがあたたかいな。
それもそうだ、節分を過ぎてもう春が戻ってきたのだから。山に行ってないな。しかたがない、週末が休めないのだから。いろいろな想念がよぎるが、どれも長続きしない。

そういえば以前に、この温泉のすぐ近所で、1,300万年前のアシカの化石が出たという話を思い出した。当時、日本海が拡大し、日本列島はユーラシア大陸の縁から引き離されるように太平洋側に移動していたころだ。飛騨山脈の東側、この松本盆地も筑摩山地も海の底で、あたたかな海の中を海獣たちが遊弋していたのだろうか。数キロ離れた四賀ではクジラの化石も出ている。

ここは、かつては海の底か。


シームレス地質図というサービスで、この温泉が湧き出る谷の地質を探る。やはり、「前期中新世-中期中新世の海洋性または非海洋性堆積岩類」とある。アシカの祖先が生きていた時代の、海の底に積もった堆積物の地質だ。海の底は隆起して山となり、長い年月が雨を降らせて谷を削り、そんな場所に湧く出で湯がいま、こうして「山の神」と名付けられている。生きている人間には計り知れない、時の流れのスケールに圧倒される。










2017年1月28日土曜日

よく冷えた日々のハラペーニョ


とても寒かった夜。

身体の芯まで冷えきって、こころも魂も凍らせて帰った僕は、晩ご飯のチキンに「あれ」を添える。チキンは安い鶏胸肉なんだけれど、削ぎ切りにして塩胡椒とオリーブオイルを揉み込んである。これにパン粉を付けて焼くんだ。左に写っているのは自家製のミートソースとスパゲッティだ。





ある夜は、「あれ」をピザに添えてみた。とても好ましい味わいに、僕は陶然としたものだ。





三九朗(さんくろう)という小正月の行事も終わって、信州松本はとてもよく冷えた。冷えただけじゃない。降って積もって凍り付いて、めちゃくちゃだ。




あなたはご存知だろうか? 
氷点下10度の朝。雪道に、リトルカブのエグゾースト・ノートを響かせる愉しみ。

冬山装備を駆使しても、つらい。仮に時速30キロメートルで走行したとすると、秒速に換算して8.3mの風に吹かれていることになる。じつはwikiで読んでしまったんだ。

日本では俗に、風速が1m/s増すごとに体感温度は約1℃ずつ低くなると言われている

だって。ならば、休日出勤の朝の体感気温が氷点下18度だって。真冬の黒百合平じゃないんだから。

背後の道祖神さんが、高らかに嗤っておられる。





常念山脈がきれいに見えてる。美しいと思う前に「寒いんだよヴォケッ」と悪態のひとつもつきたくなる。こんな日々には、そう、ホットな「あれ」が恋しくなる。切ないくらいのほどほどの辛さで、身もこころも温めてくれる。

そのホットな「あれ」との出会いは、昨年の夏の終わりだった。





地元の農家が実らせたハラペーニョの実。青いものと赤いものが混ぜて売られていた。




どちらもカットして、いわばピクルスにしてしまえ。




ミツカンの「やさしいお酢」をベースにした。ウイスキーのペットボトルで漬け込むところが偏執手帖のスタイルである。




梅酢を加えるところが僕の流儀である。





分量を失念してしまったのだが、ハラペーニョとお酢が同量、塩分を5%と設定。あとから足した梅酢は考慮せず。この状態のまま常温で放置した。

秋も深まって、おっと、ピクルスにされたハラペーニョの写真がない。赤いものと青いものを分けてフードプロセッサーに放り込み、グリーン仕上げ、レッド仕上げとこしらえを変えてみた。結果、グリーンにはさわやかな苦み、レッドにはふくよかな甘みがあることを発見する。





揚げ物には、もう欠かせない。どのくらい欠かせないかを正直に書いてしまうと、「揚げ物という存在は、ハラペーニョソースを食するための言い訳である」という結論に達したほど。










僕の大好物、サバの水煮缶を食する時にも欠かせない。かつて、サバ缶は「マヨネーズを味わうための媒体」と考えていたのだが、違っていた。サバ缶もマヨネーズも、ハラペーニョソースを味わうための舞台装置でしかなかった。






なかなか立派な舞台装置である。寒い夜に、冷えきって帰宅した僕を待っていてくれる。いとしのハラペーニョ。うるわしのハラペーニョ。今夜もきっと。たぶん。




追記。今朝の朝飯をカレーライスとさだめ、このハラペーニョソースをかけて味わってみた。ふつうの家庭のお子ちゃまカレーが、なんともエキゾチックなテイストに豹変、ひとさじにして遥かインド亜大陸に旅することが出来る奇跡のマリアージュ。これからのカリーライフには欠かせぬものとなったことをご報告申し上げる。







2016年12月31日土曜日

犬飼山を越えて鮪に会いに行く

年の瀬の一日、少し離れた街まで、鮪を味わいに出かける。

よく晴れて風の冷たい夕刻、シェルを羽織って念のためにクラバも携え、家を出る。飲みに行くというのに、松本御城下の街に降りて行くのではない。裏山というか、西の方の丘を登って行く。


僕の住むまちは松本市街地の外れで、田園に接する。少しのぼって行くと神沢池という静かに水をたたえる池に出る。風がやや強いにもかかわらず、不思議とみなもは穏やかだった。




果樹園の小道をさらにのぼって行く。松本市街地の東半分が、眼下に広がる。左から袴越山、美ヶ原王ケ頭、茶臼山、三峰山、鉢伏山。




のぼり詰めた先からは、北アメリカプレートが糸魚川静岡構造線に向かって落ち込んでいるプレート境界を見下ろす。安曇野の盆地の下に構造線が通り、その向こうにユーラシアプレートの端っこが見えている。端っこといっても、標高三千メートルに聳え立つこの列島の屋根だ。




風景を楽しみながら、今宵出会うであろう鮪の味わいに思いを馳せている。




こんな小道を辿りながら、嗚呼赤身、うう中トロ.... そんなくぐもった声が出てしまう。




ここが犬飼山。

お社がある。ここから急な山道を200mほど下って行く。帰路、夜はここを登り返そうと思っていたが、やめておこう。




お参りする人たちが手入れしているのだろう。しかし倒れた巨木や崩れた土留めなど、夜間に歩くのは容易でもないな。




おびただしい数の石たち。祈りの深さ、願いの切なるを伺い知る事が出来た。




朽ちかけているが、荒れてはいない。




正月を迎える準備は整っていた。




犬飼山を下って、奈良井川を渡る。この堰で拾ケ堰(じっかせぎ)の用水の水を分ける。用水はたたえた水で安曇野を潤し、烏川に注ぐ。




会えた。まぐちゃん。おいしい。好きだよ。愛してる。






のろのろと過ごしているうちに、なかなか山にも行けず、旅にも出かけられず、日々は過ぎた。気がつけば今年もあと残り8時間余り、時の流れとは忙しいものである。ことし得たものは指のひとつふたつで数え足りるだろう。一方で喪ったのはウイスキーのボトルと人生の残り時間。それでも僕は、今年いち年の山の記憶と味わい、えにしと出会いに感謝して、そして未来への希望を胸に生きていけそうだ。

ここへ来てくださったすべての皆さん。穏やかにこの年を送り、そして新たな良き年を迎えてください。信州松本のはずれから、お祈り申し上げます。